ビニール傘がオシャレかばんに変身!廃材をリサイクルが話題

ビニール傘 かばん,ビニール傘 捨て方 ポイント,ビニール傘 サコッシュ,ビニール傘 ポーチ ファッション情報

こんにちはテルです
みんな1度は使ったことのある☔ビニール傘☔
なんとあのビニール傘が超オシャレな👜カバンとなり生まれ変わりました!
しかもデザインや雰囲気もオシャレなんです

ビニール傘がオシャレなかばんに変身

PLASTICITY(プラスティシティ)というブランドの取り組みで廃ビニール傘をリサイクルしてかばんやポーチへと形を変えているんです。

雨降りの翌日の路上や置き忘れなどで1年間に処分されるビニール傘の本数はなんと
8,000万本!
もうイメージできないほどの量ですね

そんなビニール傘を切り取り、洗浄して機械でプレス
すると独特の表情を持ったオリジナル半透明素材が出来上がります。

ビニール傘 かばん

それがデザインされ、縫製して形を変えトートバッグやサコッシュ、小物へと生まれ変わるのですね
ただのクリアービニール素材には無い、重なったビニールの層が模様になり奥行きがある素材です。

PLASTICITY(プラスティシティ)とは?

ビニール傘 かばん

2020年4月にこの廃ビニ傘プロジェクトをスタートさせたブランドで、トートバッグやポーチなどの小物を展開しています。

また廃材を材料にリサイクルしているということで、廃材が無くなる事が理想なので「10年後に無くなるべきブランド」というスローガンを掲げています。

これは素晴らしいコンセプトで、共感できるし応援したくなる動きだと思います。

PLASTICITY(プラスティシティ)デザイナーは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aki Saito(@aki__saito)がシェアした投稿

Aki Saito”齊藤 明希”
幼少期をニューヨーク郊外で過ごし帰国後国内の専門学校でかばん造りを学び在学中にPLASTICITY(プラスティシティ)をスタートさせた若手クリエイター

PLASTICITY(プラスティシティ)着用コーデ

 

この投稿をInstagramで見る

 

yc__mam(@yc__mam)がシェアした投稿


シンプルなカジュアルコーデにもよく合いますね
モノトーンでスニーカーにもぴったり

 

この投稿をInstagramで見る

 

𓇼SUMIRE𓇼(@sum1re.k)がシェアした投稿


スウェットにデニムでクリアーのサコッシュ
都会的でもあり海などの自然の中でも似合います

スマホにお財布、カギくらい入れば近場なら十分ですね!

ビニール傘の捨て方→送るとポイントが貯まる

ビニール傘 かばん

なんとPLASTICITY(プラスティシティ)では廃ビニール傘の回収、還元システムを行っています。
切り抜いたビニール傘1本分で100ポイントもらえます
このポイントはPLASTICITY(プラスティシティ)のサイト内でのみ利用可能
ポイントは最大10,000ポイントまで付与されるそうなので廃傘100本分ですね!

ビニール傘 かばん
送料は自己負担になりますので社会貢献的な意味が深いかと思います。

但し割と近くに住んでいて大量に渡したいよという方は?
と思ったのでホームページのチャットで聞いてみました。

ビニール傘 かばん

結果
①自ら持って行きポストに入れておく
②時間を決めて直接渡す

事前に連絡を取り合い、相談の上であれば持ち込みも可能かもしれませんね!
実際に大量持ち込みをお考えの方はチャットで相談してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました